80以上の先駆者と各業界および6つの大陸にて、DevOpsアジャイルスキル開発のためのDASAオープンソースコミュニティモデルを採用しています。

DASAの目的

DevOps Agile Skills Association (DASA)は、DevOpsとアジャイルのスキル開発を目的としたオープンなグローバルコミュニティです。役割に基づいたコンピテンシーの定義やカリキュラム学習等の、加盟組織を支援するための、コミュニティ主体の団体です。

目的実現のためDASAは:

  • 定義された一連の原則に基づいて、DevOpsの知識とスキルのフレームワークを促進する。
  • ベンダーに依存しないDevOps資格プログラムを開発し、市場に広める。
  • 知識とスキルの開発の必要性に関心と意識を生成する。
  • DevOpsの知識とスキルのトレーニングとオープンソース認定の質を向上する。
  • 役割ベースのコンピテンシーベースラインにメンバーのトレーニングコンテンツをマッピングする。

DASAのDevOps原則

私たちにとって、DevOpsは事象ではありません。製品、標準、仕様、フレームワーク、または役職でもありません。 DevOpsは、ハイパフォーマンスなのIT組織を構築するための経験、アイデア、文化に関するものです。

  1. 顧客中心の活動: 行動する勇気と革新
  2. 目標を意識した創造: 製品とサービスの考え方。エンジニアリング・マインドセット。コラボレーション
  3. エンド・ツー・エンドの責任: あなたの責任を果たし、重大な成果を生むコンセプト。パフォーマンスのサポート
  4. 機能横断的な自律型チーム: T字型のプロファイル。補完スキル
  5. 継続的改善: 痛いなら、もっとやってみる。フェイルファスト(早く失敗する。)
  6. 自動化できるものはすべて自動化: 品質を高め、フローを最大化する

DASA認定プログラム

認定スキームは、初級から上級レベルのスキル要件に対応するように設計されています。このスキームは、個人と組織との双方のニーズに基づいて正しいトレーニングパスを提供することを目標としています。

DASA DEVOPSファンダメンタル

DASAの定義する本質的な知識とスキルのコンピテンスを網羅した、DevOps原則への導入となります。

DASA DEVOPSプラクティショナ

DASA DevOpsファンダメンタルの上位資格です。DevOps プラクティショナは、DevOpsの成果をあげるために必要な4種類のスキルに焦点をあてます。